Salesforce Partners up to Help Children of Iitate Village Develop a Career Vision

By Haruka Maruno | September 29, 2015 | | Code, Communities, Youth Programmes

Salesforce Japan volunteers with litate vilage

On August 19th, we welcomed 20 elementary students from the Fukushima Iitate village to our offices in Tokyo, where we delivered a career and Hour of Code workshop as part of the Tsubomi Project, organized by the Renaissance of Japanese Education and Iitate Village Board of Education.

Following the Fukushima nuclear power plant accident in 2011, the litate village has experienced increased unemployment and there has been concern that children from the village will have difficulty in establishing a career path or vision.

The “Tsubomi Project” was set up to support and inspire these children, through organized meetings with university students and professionals, and visiting businesses based in Tokyo.

Mr. Yamaki, Chairman of the Iitate Village Board of Education, says: “Our aim is to increase the opportunities for the next generation, by growing their awareness of jobs available and helping them to connect with role models in industry.”

Koide Shinichiro, Chairman and Chief Executive Officer of Salesforce Japan, who is from the Fukushima prefecture, starting off the day by welcoming the students, and sharing his own childhood stories. He also offered great messages of encouragement.

The workshop, which included an Hour of Code session, was held in partnership with our Japan STEM (Science Technology Engineering and Math) education partner
CANVAS. 15 Salesforce employees also volunteered to help facilitate the learning experience. In the latter half of the workshop, students discussed different job opportunities they were interested in; these included jobs in the medical and food industries.

Salesforce Japan volunteers with litate vilage

“We were pleased that we could coordinate the project with volunteers from Salesforce Japan who empathized with our mission and put in a lot of effort to carry off the workshop. The big smiles from the children were the best gift for us. And, we hope that they felt something important from this rare experience in Tokyo. It was an amazing meeting and experience for us, too,” said Ms.Kojima of Renaissance of Japanese Education.

Saleforce Foundation Japan looks forward to offering continued support to the children in Iitate village.

2015年8月19日、日本教育再興連盟福島県飯館村教育委員会が主催「つぼみプロジェクト~夏のスタディツアー2015」において、福島県飯舘村の小学生20名をオフィスに招き、プログラミング教育のワークショップを開催しました。

福島県飯舘村では、原発事故の影響で住民の就業率が低下したこともあり、子どもたちが将来就業することのイメージを持ちづらくなることが懸念されています。「つぼみプロジェクト」は、飯館村の子どもたちを東京に招待し、大学生や大人との交流、企業の見学を行うことで子どもたちに将来の仕事について考えるきっかけとして支援することを目的としています。

開会式では、福島県出身の代表取締役会長 兼CEO小出伸一が、自身の子ども時代のエピソードを交えながら、子どもたちに応援メッセージを送りました。
Hour of Codeを用いたプログラミング教育ワークショップは、STEM教育のパートナーCANVASの協力のもと実施され、15名の社員ボランティアが子どもたちをサポートしました。また、ワークショップの後半は、「働くこと」について身近に考える時間を設け、医療や食品など興味のある職種に分かれてディスカッションを行いました。

飯舘村教育委員会 教育長 八巻義徳様からのコメント:
「先日、子どもたちと一緒に御社を訪問させていただき、厚く感謝申し上げます。今、飯舘村は子どもたちのキャリア教育に力を入れています。これは未来の担い手である彼らに目標となる仕事、憧れる大人と出会う機会を増やす教育です。
御社でのワークショップでは、小出伸一会長様の熱い思いや社員の皆様の挑戦する姿を実感させていただきました。御社のペーパーレスの事務所、整理整頓された机上にあるのはコンピューターと笑顔など多くの気付きがありました。子どもたちは、未来に想いを寄せ、学びのスイッチを入れたものと思われます。」

日本教育再興連盟 学生スタッフ 小島夕季様からのコメント:
「とにかく「子どものため」を常に意識しながら取り組みました。わたしたちの想いに共感し協力してくださったセールスフォース・ドットコムの方々と共に企画ができ、とても幸せです。当日の子どもたちの笑顔が何よりのプレゼントでした。普段ない体験をした子どもたちに何か感じてもらえていたらいいなと思っています。素晴らしい出会いと経験でした。」

これからも、セールスフォース・ドットコムは飯館村の子どもたちを応援してまいります。