Pro Bono Profiles: Starting a Pro bono Journey with Afterschool in Japan | プロボノ導入事例:特定非営利法人 放課後NPOアフタースクール様

By Salesforce.org | October 25, 2016 | | Pro Bono, Volunteering

Pro Bono Profiles

By: Kosuke Fujimoto, Lead Solution Engineer, Salesforce & Kuniko Oi, Salesforce.org Japan

企業でもNPOでもやることは同じ!

顧客のニーズを隅々まで想像してみること!

Probono Salesforce JapanAfterschool is a Japanese nonprofit organization that aims to bring happiness into the lives of children in Japan by offering afterschool activities to nurture and engage them. In 2015, the team at Afterschool reached out to Salesforce.org Japan to see if Salesforce technology could support their database needs. After selecting Salesforce as the technology vendor and processing their Power of Us application, the Salesforce.org team posted the project as a probono opportunity for Salesforce employees who might want to support the implementation to cover the application for the project and analysis and management of the applicants.

特定非営利活動法人 放課後NPOアフタースクールは、すべての子どもたちが放課後を楽しく過ごせるようアフタースクール活動を提供するNPOです。放課後NPOアフタースクールがSalesforceテクノロジを活用してデータベースを構築できないかというご相談を2015年にいただき、Salesforceの採用が決定し、さっそくSalesforce社員がプロボノ支援に入り、プロジェクトの申込受付、分析や申請者情報の管理を行うためのプロジェクトが始まりました。

“I first saw the probono project posted on our internal communications platform, Chatter and I was immediately interested in helping out,” says Kosuke Fujimoto, Lead Solution Engineer at Salesforce Japan.

Success for us is seeing an organization excel after implementing Salesforce. “Afterschool did not have a history using Salesforce, which meant I would be able to be involved from the initial stage, which was one of my motivating factors,” says Kosuke Fujimoto.

“Just like we we do with our commercial customers, the first thing I did was to check the organization’s website to understand what they did and what their potential challenges might be. Using this research as a guideline, I made a customized demo.

“The organization was surprised with the amount of information I gathered before the meeting. I realised quickly that a nonprofit organisation is no different from a commercial company in the challenges they have running and managing business and operations.”

Experienced professionals can really make use of their skills by applying them to nonprofit problems. It can even help you develop and hone in your skills.

Salesforce日本オフィスのLead Solution Engineer 藤本 幸祐は、社内コミュニケーションのプラットフォームであるChatterでこのプロボノ募集情報を知り、おもしろそうだと思ってプロボノ支援の手を挙げました。

“放課後NPOアフタースクールはこれからSalesforceを導入する団体だったこともあり、誰かがすでにカスタマイズしているものより、初期段階から関われることにやりがいを感じました。

いつも企業のお客様に提示していることと同じステップで、まずは放課後NPOアフタースクールのホームページを隅々までみて、団体概要、どのような事業をやっているか、どんな課題がありそうか、というイメージのもとデモ画面を作成しました。団体の担当者からは「なんでそんなにNPOのこと知っているんですか?」と驚かれましたが、NPOだから何か特別というわけではなく、企業と同じように運営や管理に課題を抱えているのは同じだと思います。忙しい時期をはずして予定を調整すれば、誰でも本業を活かしたプロボノ活動ができます。自分のプロフェッショナルスキルを磨く機会にもなります。”

<参考>カスタマイズ後のトレーニング内容(所用3時間)

・ログイン、ログアウトの方法

・ビューの使い方、レコード更新など

・レポート、ダッシュボードの使い方

・活動履歴

・項目の作成、変更

・ケースを使った問い合わせ対応

・フィードの活用、メール送信など

・プロファイル、権限設定、代理ログインの方法  など

Probono is a win-win

probono team salesforce japanAfterschool had data that needed to be managed for multiple projects across different offices. The challenge was to get all the information in one place so the organisation could have a single view of the data. After the initial consultation, they were shown a solution demo that would tackle their current challenges and also one that would also speak to the future possibilities of Salesforce.

“The feedback was great,” says Kosuke Fujimoto. “They were surprised at how fast it was to find a solution to their problem. As a Solution Engineer in Salesforce, I don’t generally support post-sale, so learning through this probono project was an  invaluable experience for me. As Afterschool grows there will be more opportunities to support through various projects and I would look forward to continuing to support the impact and growth of the organisation.”

本業⇔プロボノの相乗効果

放課後NPOアフタースクールにはプロジェクトや事業所ごとで管理しなければならない様々なデータが増えていたので、情報の一元管理をしていくことの大切さを痛感し始めていた時期でした。初回の打ち合わせ後に現状の課題だけでなく将来のイメージも踏まえたデモでやりたいことを示したところ、「まさにこれです!何度か打ち合わせして、団体の基本概要やNPOの活動について知っていただく必要があると思っていたので感動的です。ありがとうございます!」というお声をいただきました。SalesforceのSEとしては提案後のお客様を直接サポートすることは少ないので、プロボノをすることによって得られた経験は本業にも活かすことが出来ています。放課後NPOアフタースクールの成長に伴い、Salesforceが活躍する機会が増えることが楽しみです。今後も放課後NPOアフタースクールが社会にもたらす社会的インパクトと成長を支え続けることを楽しみにしています。

 

Learn more about Pro Bono Week 2016 and the Pro Bono Program at Salesforce. Follow@SalesforceOrg for more pro bono celebrations.

PBW16 Social